スポーツ外傷・障害

  • ホーム
  • 医院概要
  • 靴下・サポーター(長谷川式)
  • その他
  • リンク
  • 動画
  • お問い合わせ

  • HOMETOP»
  • スポーツ外傷・障害

スポーツ外傷・障害

スポーツ外傷・障害
スポーツ外傷・障害
スポーツ障害とはスポーツ中に生じるケガのこと。スポーツ障害は、「外傷」と「障害」の2種類に分けられると言われています。
「外傷」とは、捻挫(靭帯断裂)や挫傷(アキレス腱断裂)など、1回の大きな外力(転倒や衝突など)によって起こったもの、すなわちケガです。
「障害」はそれとは異なり、使いすぎ症候群とも呼ばれるように、小さな外力(負荷)が筋肉や骨・腱に繰り返し加わる事で起こる身体的ストレスの蓄積と言われています。

柔道整復術の施術を行えば
急性の状態でもこじれた状態も早期に回復することができます。
-お問い合わせはこちら-

スポーツ障害の種類

  • ◆疲労骨折
    主に脛骨、腓骨、中足骨等の下肢の骨や肋骨に発生しやすく通常の骨折に比べて運動時に激しい痛みを感じ、休んでいる時は痛みが軽いという特徴があります。明確な外傷がないのに運動中に激しい痛みがある場合は注意しましょう。見た目では強い圧痛、腫脹、発赤、熱感があります。基本的に原因となる練習量を減らして負担の軽いリハビリをする事により回復していきます。
  • ◆オスグッド
    脛骨粗面に圧痛があり進行すると隆起が見られます。膝の屈伸や正座などでも痛みを感じますが腫脹、発赤等の炎症状態が少ないのも特徴的です。患部へのアイシング(特に練習後)と大腿四頭筋のストレッチが有効的です。ただ成長期が過ぎた後に膝蓋靭帯の中に有痛性骨片(骨のかけら)がある場合は手術の可能性もあります。
  • ◆ランナー膝
    様々な症状があり膝の上や裏側に激痛や運動痛、圧痛、腫脹(場合によってはハムストリングスに沿ってソーセージ状に腫れる事もあります)、熱感等がありハムストリングスをストレッチすると痛みが強くなります。他には腸脛靭帯を強く圧迫し膝を屈伸させると痛みが出ます。痛みに対しては練習後のアイシングが有効でストレッチも十分に行ってください。予防法としては大腿四頭筋の強化や足に合った靴選び(インソールなど)が有効的です。ただしあまりに痛みが激しく続いて日常生活に支障が出る場合(階段の昇り降りなど)は行っている練習は休んでRICE処置をしましょう。
  • ◆野球肘
    肘の曲げ伸ばしや強く物を握った時の肘関節の内側上顆部に痛みが感じられます。運動後のアイシングと前腕筋のストレッチをする事により徐々に軽くなっていきます。また最近ではエルボーバンドもあるので運動中に装着して負担を軽くするのも有効です。

骨折

骨折とは、障害を受けたことによって骨が2つに又はそれ以上に折れるものを言います。
骨折には数種類あります。

  • ◆単純骨折
    皮膚を貫かずに皮膚内で起こる骨折をいい、転倒・転落により日常生活上・スポーツ現場・交通事故・労働災害など様々な環境で起こります。日常生活では、特に高齢者が転倒の際に手を地面に衝くと、手首の骨を折ってしまうことがよくあります。また、肩を少し開いた状態で手を衝いて転倒すると、骨密度の少ない肩の付け根に近い部分の腕の骨に力が加わり折れてしまいます。
  • ◆開放骨折
    皮膚を貫通して骨が皮膚から飛び出したものをいいます。単純骨折よりも大きな衝撃が加わった時に発生し、交通事故あるいはスポーツ現場ではスキー・スノーボードで滑走中の転倒などで起こります。
  • ◆剥離骨折
    筋肉・腱・靱帯の牽引力により、その付着部の骨が引きちぎられた骨折をいいます。足を捻っての転倒時に、足の外くるぶしの骨がそこに付着している靱帯により、骨がむしりとられてしまって起こる事がよくあります。
  • ◆疲労骨折
    一度でポキッと折れる骨折とは違い、骨に繰り返し加わった外力が蓄積されて起こるヒビのような状態の骨折です。金属の疲労現象に似ていて、地上からの衝撃が多い長距離ランナーや跳躍などの練習を繰り返す選手の足の甲の骨・すねの骨によく起こります。

脱臼

関節というのは骨と骨でつながって構成されています。脱臼とは、転倒や転落によって、関節部の骨が正常に動く範囲以上に強制された時に、骨が関節からはずれてしまう状態をいいます。年齢層では、20代から30代の青壮年にみられることが多く、スポーツでは、スキー・スノーボードや柔道などの転倒時に脱臼しやすいです。

  • ▼部位別で発生頻度の高いものはの順になります。▼
  • 1.肩関節
  • 2.肘関節
  • 3.指関節
  • 4.顎関節
  • 5.肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨をつなぐ関節)

脱臼の中でも、最初の脱臼をきっかけに同じ部位が繰り返し脱臼しやすくなってしまう反復性脱臼があります。多くは初回治療の中止など固定期間の不足によりおこり、肩関節や顎関節に発生します。

捻挫

捻挫は、関節の生理的に動かすことのできる範囲が、転倒などにより正常範囲以上に運動が強制されてしまい、骨と骨とをつなぐ靱帯を損傷してしまうことをいいます。
その靱帯の損傷には、軽傷のものから重症なものまであり、程度別に分類すると以下のようになります。

  • ◆第1度
    靱帯が少し伸ばされているが、関節の不安定性はみられないもの
  • ◆第2度
    靱帯が少し切れて完全には断裂していないが、関節がいくぶん不安定である
  • ◆第3度
    靱帯が完全に断裂しており、関節が完全に不安定な状態である

※捻挫は骨折と比べると軽度の損傷と考えがちですが、侮ってはいけません!!
時には骨折よりも予後が悪い場合があります。また、第3度の場合手術を行うケースもあります。

  • 腰痛・肩痛・膝痛
  • むちうち・交通事故・労災
  • スポーツ外傷・障害
  • テーピング
  • 柔道整復術