むちうち・交通事故・労災

  • ホーム
  • 医院概要
  • 靴下・サポーター(長谷川式)
  • その他
  • リンク
  • 動画
  • お問い合わせ

  • HOMETOP»
  • むちうち・交通事故・労災

むちうち・交通事故・労災

テーピング
テーピング
当院に来院される、交通事故患者様で多く占めるのは、頚椎捻挫(俗に言う「むちうち」)です。

長い間、頭痛や吐き気、視力・聴力障害、記憶力や思考力の低下などの症状もある場合は、脳脊髄液減少症も考えられます。

むちうちとは?

多くは、首の急激な動きによる関節の炎症、それに伴った急速な筋肉の収縮(スパズム)によって、激しい痛みを伴う症状です。首を動かすことが出来ず、少しの動きでも激痛を伴います。 重度の場合では、頚部の椎間板ヘルニアや神経損傷や圧迫による、腕のしびれなどの神経症状を、呈することがあります。

むちうち治療

ムチ打ち症は、急性期か慢性期かどうかで治療方法が異なります。

  • ◆急性期
    ほとんどの場合、首を動かすことがほとんどできず、動かさなくてもズキズキとした痛み(自発痛)を訴えます。また、首をどの方向に動かしても痛いのも特徴です。 そのため急性期には、首の関節を動かすような治療はおこなわず、炎症を抑えるために患部を固定し、首の筋肉や靭帯に対して損傷を回復させるように物理療法を主体とする治療をおこなっていきます。
  • ◆慢性期
    長期間、頚椎カラーなどで首を固定していた場合、炎症期を過ぎて慢性期に移行します。 慢性期には、痛み自体は軽減しています。炎症軽減と組織の治癒を、最優先するために出来るだけ首を動かさないように固定をしました。つまり可動性と運動性を犠牲にしたとも言えます。 そのため関節の可動性が失われ、使わない事で周囲の筋肉が萎縮したり、関節の拘縮が起こります。 このことが原因で慢性的な痛みやこり感を首に訴えるようになります。 そのため、物理療法やマッサージで、首の関節の可動性(動き)を改善して、固定によって本来の機能を失った、筋肉の再教育などのリハビリプログラムを行っていきます。

業務・通勤災害

就業時間内や、残業時間内の職場内において、仕事に従事している時に負傷した場合や、通勤途中に負傷した場合は、業務・通勤災害として保険が適応出来ます。 もし、業務中や通勤中に、痛みやケガが発生した場合は、御相談ください。

  • 腰痛・肩痛・膝痛
  • むちうち・交通事故・労災
  • スポーツ外傷・障害
  • テーピング
  • 柔道整復術